プルマモア 効果

脂肪溶解成分「ホスファチジルコリン」とは?

ホスファチジルコリン(リン脂質)は、大豆種子抽出油からえられる大豆レシチンの主成分。
ホスファチジルコリンは、皮膚呼吸を促進する不飽和脂肪酸の重要な供給源になります。
レシチンは様々なスキンケア商品や、界面活性剤(乳化剤)として数多くの化粧品処方に使われています。
ホスファチジルコリンによる脂肪減少効果は、証明されています。
ホスファチジルコリンの強い乳化力により、代謝よりもずっと簡単に脂肪細胞中の固形脂肪を流動性又は油性の溶液に変化させます。
ホスファチジルコリンは両親媒性であるので、脂肪細胞に浸透し、脂肪を溶解、硬くなった脂肪を柔らかくします。
溶解された脂肪は血中を経て汗や尿、便とともに体外へ排出されます。
この効果により、脂肪が燃焼しやすくなります。